問診票ダウンロードはこちら

ニーズにあった薬物療法

ニーズにあった薬物療法

ニーズに合った薬物療法

薬物療法を良い方向に変える「相談の窓口」になりたい

当院院長は、大学時代に精神科の薬物療法を専門に研究していたので、薬物療法のメリット、デメリットに関して熟知しております。
現代の精神科医療は薬物療法が中心になっており、「薬を出して症状が良くなったら治療もおしまい」ということが多く、そのため漫然と同じ薬が処方され続けていたり、不要なはずの薬をいつまでたっても患者さんが飲み続けていたりすることもあります。

高品質で信頼のできるサプリメント

患者さんは「薬に依存してしまうのではないか。」と心配になってクリニックに来るのに、実は医師のほうが、薬物依存にしてしまうような薬の出し方をしてしまっているケースもあるのです。
当院は「薬物依存になってしまう患者さんや、不要な薬を飲みつづけている患者さんを一人でも減らせるような治療をしたい、患者さんの薬物療法を少しでも良い方向に変えるための相談の窓口になりたい」と考えています。
すでに精神科の薬を服用している方でしたら、ぜひ初診の際にお薬手帳をご持参ください。
お薬手帳を見れば、今までどんな治療がなされてきたのかが分かります。同じ薬が継続して出ていて今症状がない場合は、その薬を減らせる可能性がありますし、薬が途中で変わっている場合は、薬が変わった時にどのような症状が出ていたのかを伺うことで、今の症状に合った薬を出す事ができます。


薬を強制することはありません

薬に対する抵抗感が強い患者さんも多いので、当クリニックでは「この薬を飲みなさい」と強制することはありません。
例えば、薬に抵抗のある方に不安を抑える薬を処方するときには、実際に服用するかしないかは患者さんに任せて、「不安感が強いときに飲んでみてください」と薬を渡して様子をみます。
そうやって患者さんが自分で服用してみて、症状が良くなれば継続して使ってもらうなど、患者さんと相談してご本人の希望もじっくり聞きながら、その時の病気の状態に合った治療を行います。

薬

患者さんの中には「自分の薬についてちゃんと理解しておきたい。」という人も多いので、それぞれの患者さんのニーズに合わせた治療をしています。そして、それが治療効果にもプラスに働くと考えています。
「無理矢理させられている」治療では薬の効果も十分に発揮されないので、薬物療法は患者さんの理解とセットで行うべきと考えています。患者さんが病気と付き合っていく中で、自分の病気がどういう原因で起こっていて、どのような時にその薬を飲むと、どんな風に症状が良くなるのか、ということを感覚的に理解していただきたいと思っています。

当院では精神科・心療内科の薬物療法を専門にしている医師が、薬の必要性、効果、副作用も含めすべて、患者さんが納得するまで説明した上で、治療を行っております。