診療方針


大宮駅前 ひるまこころクリニック院長 昼間 洋平

大宮駅前に立地、生活の流れのなかで受診できる精神科・心療内科です

大宮駅前に立地、生活の流れのなかで受診できる精神科・心療内科です

大宮駅前ひるまこころクリニックの診療方針をご説明します。
私はこれまで、精神科の救急治療の第一線で、急性期の患者さんの治療に携わってきました。
そこで分かったのは「心の病は早期発見、早期の適切な治療がとても大切だ」ということです。

精神科・心療内科は、世間の偏見や日本人特有の我慢してしまう性格からなかなか受診しづらく、忙しい現代では「時間がない」といった理由から本当にひどい症状になるまで受診しない人も少なくないのが現状です。私は「早期に発見・治療していればもっと早く病気が良くなって、貴重な時間を失わずに日常を取り戻せ、職場復帰できたのに」というケースを、たくさん見てきました。
そんな経験から、「駅近くに立地し、気兼ねなく立ち寄っていただける、患者さんが生活の流れを途切らせず受診できるクリニックを作りたい」、また「大宮での地域医療を実践したい」という思いから、私が生まれ育った土地でもあり、交通の便も良く人の流れが絶えないさいたま市の大宮区に、「大宮駅前 ひるまこころクリニック」を開設しました。

再発予防・社会復帰のために「病気への理解」が大切

こころの病は、症状が悪化してしまうと自分で判断することすら難しくなってしまうので、まずは「なにか変だな、ちょっと辛いな、周りの反応がいつもと違うな」と感じたら、早めに受診していただければと思います。
また、心の病は「一度治せばそれで終わり」というわけではありません。一度症状が良くなっても同じ生活環境に戻れば再発してしまう可能性が高く、再発を繰り返すほど周囲の目が冷たくなったり、患者さんの自信もなくなってしまい、さらに病気が悪化してしまうため、再発予防が非常に重要です。
当院では再発や、再発してしまったとしてもダメージを最小限に抑えて社会復帰できることを目指して、日々の治療にあたっています。

再発予防・社会復帰のために「病気への理解」が大切

では、実際に再発を繰り返さないためにはどうすればいいのでしょうか? それには患者さんご自身が病気のことを理解し、病気と向き合い、いままでの生活環境を変える必要があります。そうすることで再発を防止することができ、社会復帰に近づくことができるからです。
特に心の病に関しては、患者さん自身の治そうという気持ちがなければなかなか良くなりません。病気を理解し、向き合う必要がとても大切なのです。
患者さん自身が「治したい」と思って初めて、体が本来持っている自然治癒力が働いて症状が改善に向かいます。薬物療法や他の治療法はあくまで補助的な役割に過ぎません。生活習慣を変えるためには医療スタッフが患者さんの衣食住にまで介入し生活指導する必要がありますので、患者さんとの信頼関係が不可欠となります。
当院では医師、看護師、ソーシャルワーカーそれぞれが、患者さんと対等の立場に立ち、信頼関係を築いた上で、スタッフ全員で患者さん一人一人を支えていきます。

精神科・心療内科の薬物療法の専門家です

また、わたしは大学病院時代から精神科領域の薬物療法を専門としておりますので、薬物療法には十分な知識と経験があります。
当院ではその人の状態に合った、的確な薬物療法を行っております。
薬物療法自体に抵抗があり、「薬に依存してしまうのではないか」とか、「昼間眠くなってしまって日常生活に影響が出てしまうのではないか」と、不安に感じている患者さんも多くいらっしゃいますが、その不安な気持ちも含めて相談していただきたいと考えています。

精神科・心療内科の薬物療法の専門家です

一方的に薬を処方することはありません。患者さんと必ず相談し、納得していただいた上で、その人のニーズに合わせた薬物療法を行っています。

便利な患者さん呼び出しシステム

当院にご来院された時に、受付においてあるタブレット端末をご覧いただき、クリニックが混んでいて待ち時間が長そうな場合は、診察の順番になるまで外出されていても構いません。
当院では患者さん呼び出しシステムを採用していますので、端末に携帯番号を入力しておけば、順番が近くなると携帯が鳴って「そろそろ診察の時間が近づいております」と診察の時間が近づいている事をお知らせします。

便利な患者さん呼び出しシステム

電話に出られなかったとしても、出なかったことも把握できるので、再度お知らせしています。
病院に行くと、自分の順番までずっと病院で待っていないといけなかったり、携帯も使えなかったりと息苦しく感じてしまうこともあるかと思いますが、当クリニックはすぐそばにビックカメラやそごう、パチンコ店、アニメイトなどがあり、飲食店もたくさんありますので、待ち時間まで好きなように過ごしていただくことができます。大宮駅周辺のみなさまの利便性を最大限に考え、導入しました。

医師 昼間洋平 略歴

2001年
東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業
2003年
東京慈恵会医科大学精神医学講座入局
東京慈恵会医科大学附属病院・附属柏病院・横手興生病院等に勤務
2012年
秀峰会 北辰病院・楽山病院勤務
2015年
9月 当院開業

資格

精神保健指定医
精神科専門医

所属

日本精神神経学会所属
日本臨床精神神経薬理学会所属

大宮駅前 ひるまこころクリニック

大宮区の精神科 心療内科 メンタルクリニック

埼玉県さいたま市大宮区の精神科・心療内科・メンタルクリニック。トップ

トップページ

埼玉県さいたま市大宮区の精神科・心療内科・メンタルクリニックです。大宮駅をご利用のみなさま、よろしくお願いします。

大宮の精神科・診療方針

診療方針

心の病は早期発見、早期の適切な治療がとても大切です。患者さんに、的確な薬物療法と生活指導、ソーシャルワークを行い、病気の再発防止を目指します。

大宮駅前 ひるまこころクリニック 診療の流れ Q&A

診察の流れ Q&A

当院の診察の流れや、来院時にお持ちいただくもの、よくあるご質問について。大宮のみなさま、ご来院前にご一読ください。

精神科の急性期治療

精神科の急性期治療

院長は精神科の救急医療に携わってきました。そこで培ってきたのは、「心の病気、心の怪我は、治せる」という経験です。

サラリーマン・OLの精神科・心療内科

サラリーマン・OLの精神科・心療内科

うつ病、躁うつ病、神経症(心身症)、身体表現性障害、疼痛性障害、適応障害の方など。一人で仕事を頑張りすぎないで!

主婦の精神科・心療内科

主婦の精神科・心療内科

夫と一緒にいるだけでストレスを感じ、うつ病やアルコール依存症になったり・・・受け入れてくれる場所、ほっとできる時間が必要です。

お年寄りの精神科・心療内科

お年寄りの精神科・心療内科

仕事をリタイアした後にうつ病、認知症、アルコール依存症となる方が多いようです。気になる症状がありましたら、ぜひお早めにご相談ください。

ニーズに合った精神科薬物療法

ニーズに合った薬物療法

当院院長は、薬物療法を専門にしています。精神科における薬物療法の注意すべき点と当院の方針について解説します。

精神科/心と身体の健康

心と身体の健康

心だけではなく心と体の両方を治すことが再発予防につながります。自然治癒力を高め、家族とともに治療に取り組む仕組み作りに力を入れています。

大宮駅前 ひるまこころクリニック 保険外診療・検査

保険外診療・検査

保険外では、薬剤代謝遺伝子検査、認知症遺伝子検査、にんにく注射、グルタチオン注射などを行っています。また高品質サプリメントの情報提供も行っています。

大宮駅前 ひるまこころクリニック 医療連携

医療連携

患者さんの状態により、当院が緊密に連携するひがメンタルクリニック、北辰病院、ストレスの専門病院である楽山などと、緊密に連携して治療にあたっています。

大宮駅前 ひるまこころクリニック 料金表・診断書作成

料金表・診断書作成

診断書も診察の上、発行しています。料金につきましてはこちらのページをご覧ください。

精神科・心療内科の問診票ダウンロード

問診票ダウンロード

こちらのページから問診票をプリントしていただき、予めご記入の上ご来院いただきますと、スムーズな受診ができます。

アクセス地図 埼玉県さいたま市大宮区 心療内科 大宮駅前 ひるまこころクリニック

アクセス地図

大宮駅西口、徒歩3分。そごう大宮店の南隣角に位置しています。JR・東武線・埼玉新都市交通伊奈線と交通至便です。

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区
桜木町1丁目197
蓜島ビル4階
048-788-3757

ご予約・お問い合わせ

お電話にてご予約を承っております。
大宮駅前
ひるまこころクリニック
(休診日 木・日)
電話048-788-3757

下記アドレスにメールしていただいても結構です。
E-mail: info@hiruco.com

大宮駅前ひるま 診療・メンタル 問診票ダウンロード大宮駅前ひるま 診療・メンタル 問診票ダウンロード

大宮駅前 ひるまこころクリニック 
大宮区の精神科 心療内科 メンタルクリニック



大宮駅前 ひるまこころqr
モバイルサイトはこちらから
HOME > 診療方針